人物

ニューヨークを高評価する先輩芸人は誰?視聴者に伝わらないニューヨーク嶋佐と屋敷の本当の評価とは





最近よく見る芸人さん「ニューヨーク」は
昨年末のM-1グランプリの決勝にも進出していましたよね。
私もここ数年でじわじわテレビでネタを見るようになって、
注目するコンビの1つになりました。

そんな二人が2021年はブレイク必至!
ゴールデンの人気番組でよく見かけるようになってきました。

実は芸人の間では高評価を受けていたようですが、
ニューヨークを推していた芸人さんは誰なのでしょうか。
そのメンバーと推しコメントをまとめました。




ニューヨークのプロフィール

まずはニューヨークをよく知らない人へ、ざっくりプロフィールから。

ニューヨーク
  1. メンバー:嶋佐 和也、屋敷 裕政
  2. 所属:吉本興業東京本社
  3. 結成:2010年
  4. 出身:NSC東京校15期生
  5. 同期:おかずクラブ、横澤夏子、鬼越トマホーク、マテンロウ他

嶋佐さんも屋敷さんも1986年生まれ、まだ若いんですね!
(少なくとも私よりは年下)

嶋佐さんのインスタモノマネが絶妙なダサさを醸し出していて好きです。
この『絶妙なダサさ』を表現するのがうまいんですよね~。

こちらは「めちゃオモロイけど全くモテない奴」のものまね。
人に存在する1mmくらいのツボを突いてきますよね。





なぜ長い芸歴の中でテレビに呼ばれなかったのか

芸歴11年目のお二人ですが、
2020年終わりくらいまではテレビでお見掛けすることは少なかったですね。
第七世代と呼ばれる若手芸人は引っ張りだこなのに…

その理由としてはじめに挙げられるのは

ビジュアルが地味

ということじゃないでしょうか。

最近、嶋佐さんが金髪にしてましたね!
スッキリに出演したときに「つるの剛士さんと同じ髪型にしました!」
と、本気なのか冗談なのか分からないコメントをされていました。

最近のテレビはトーク番組が多くて、ネタが面白くても
ぱっと見で印象のない芸人さんは出にくい空気がありますよね。

カパりん
カパりん
もうトーク番組飽きた!私はネタが見たい!

ニューヨークのM-1グランプリ2020 決勝一回戦ネタ

ニューヨークってどんなネタしてるか分からない、という人へ。
好き嫌いが結構わかれるこちらのネタをどうぞ!

ニューヨークを高評価する先輩芸人

地味で持ちギャグもなく、トーク番組にはキャスティングしにくいニューヨーク。
人柄やネタの面白さについては、そうそうたるメンバーが評価をしています。

かまいたちから見たニューヨークの評価

M-1グランプリ2020について語る動画の中で、

山内:もっと点数いってもいいのにと思いました
濱家:死ぬほどおもろかった

と、ニューヨークのネタを思い出し笑いしながら絶賛していました。
ちょっと前までは、かまいたちも出場者側だったのに、
今ではすっかり人気者。

そんな二人にここまで評価されるニューヨークはやっぱりすごい!
是非こちらの動画を見てみてください。

おぎやはぎから見たニューヨークの評価

M-1グランプリ2020のニューヨークのネタについては、
事務所の違うおぎやはぎさんからも絶賛の声が。

矢作「たちが何の文句も言えない最高に面白い漫才をやってくれたニューヨーク。ありがとう。 ニューヨークのネタ、最高だった」
小木「好みは完全にニューヨーク。ちょっと今までの中で1番よかった気がするよ、ニューヨークの漫才でね。不思議だな。あれでそんな点が伸びない、5位っていうのも」
マイナビニュースより)

おぎやはぎも、ちょっとした毒を含んだネタをしますよね。
ニューヨークに親近感があるんでしょうね。

ナイナイ岡村から見たニューヨークの評価

2021年2月20日に放送された「おかべろ」にて、
岡村さんがこのよう発言をされています。

石田:岡村さんはニューヨークにこうした方がいいな~っていうのはありますか?
岡村:ニューヨーク?そのままでええと思うけど、知らん!(笑)ニューヨークは昔からウケてたやん。

これに対して、嶋佐さんは「先輩がみんな同じことを言う」と返答。
今田耕司さんや東野幸治さんも「ニューヨークはそのままでいい」
と、彼らの道を応援しているようです。

鶴瓶から見たニューヨークの評価

2020年3月29日放送のニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」に出演した際、
鶴瓶さんが2019年のM-1でダウンタウン松本さんが発した言葉をとりあげ、
こんな風に語っています。

「あれは松本があえて言ってんねん」
「俺は、ツッコミの仕方、イヤじゃないねん」

M-1グランプリ2019のニューヨークの漫才を見て、「すごく仲の良いツレ(友達)同士が喋ってる感じで、一番面白いプロ」と評価。
正月休みでハワイへ行った時も、スマホでYouTubeのニューヨークの漫才をずっと見て、追加の通信料を支払うほどハマったそうです。

M-1グランプリ2019で審査員の松本さんがニューヨークに対して発した「好きじゃない」発言については、こちらの文春オンラインに真相が掲載されています。
ニューヨークが真相を告白 M-1がピリついたダウンタウン松本人志への「最悪や!」発言



ニューヨークの今後の活躍について

日本テレビ「有吉の壁」
日本テレビ「スクール革命!」
テレビ朝日「アメトーーク」
TBS「プレバト!!」
このあたりの番組は、レギュラー化しつつありますよね。

「ヒルナンデス」の3色ショッピングでも、
いつの間にかニューヨークがMCになっていますね。

ここ数年、ネタ番組やコント番組がほとんど消滅していますが、
今もテレビがイケイケの状況だったら、ニューヨークも参加した何組かの
コント番組が始まっていただろうな~と思います。

うーん、何が悪いのか…
「めちゃイケ」全盛期が懐かしいです。